教室の様子(1/12~1/30)

1月は初旬は雪になり大変でしたね。皆さまのお住まいは大丈夫でしたか?
ソライロは8日と9日は大雪のためお休みさせていただきました。その代わりにお休みだった23日を開講して、ご都合の合う方にはお振替えいただきました。急な予定変更にも関わらずお振替え下さった皆さま、ありがとうございました。これ以上大雪が降らないといいなと思います。

うちで飼っている猫のはなちゃんが最近膝に乗ってくれるようになりました。うちに来たばかりの頃は人に慣れていなくて撫でることも出来なかったのですが、ようやく安心して甘えてくれている姿に毎日癒やされています。

低学年クラス

低学年クラスは、みんなのびのびと絵を描いています。鉛筆で下描きをして絵の具で色を塗る描き方が基本です。その時々で、ビー玉に絵の具をつけて画用紙の上で転がしたり、デカルコマニーで模様を作ったり、スパッタリングでしぶきを作ったりといった技法も取り入れています。偶然出来た模様から絵のイメージが広がって想像力豊かな作品が生まれています。
毛糸を使った作品も、それぞれの個性が表れていて楽しいですね。ご家族がお店を経営している子が、「私の毛糸の絵はお店に飾ってあるよ!」と教えてくれました(^^)

中・高学年クラス

中・高学年クラスは続々と作品展の作品が仕上がってきています。キャンバスに初挑戦の子が多いですが、皆楽しそうに描き進めてくれているので嬉しいです。キャンバスは普段使っている水彩画用紙よりも丈夫なので、盛り上げたり重ね塗りがしやすく描きやすいと思います。
時間をかけて仕上げた力作ばかりなので、ぜひ多くの方に作品展で実物を観ていただきたいです。

また、ソライロで使用するアクリル絵の具は小学校で使う水彩絵の具とは使い方が違う点があります。パレットの使い方から、濃淡の付け方、混色の仕方、重ね塗りの方法などについてその都度指導しています。

大人クラス・中学生クラス

大人クラスはそれぞれの制作を進めています。1,2枚目の画像はF20号の大作です。この作者の方はマチエールにもこだわって研究しながら描き進めていました。マチエールとは絵肌のことで、ざらざら、でこぼこ、つるつるなどがあります。繊細で美しい作品になっているので実物を観ていただきたいです。
4枚目、5枚目は中学生の女の子の作品。この作品にも面白いマチエールがついています。山の緑色の下から少しだけ見えるピンクがきれいです。最後に、「雲が牛に見えてきた」と思い付き、雲が牛のシルエットになりました。よく見ると仔牛もいます。自由な発想でとても素敵な作品に仕上がったと思います。
他にも、作品展に向けて描いている方、ペットの犬を描き始めた方、デッサンからスタートされた方、ラインスタンプをコツコツ作ってもうすぐ完成しそうな方、デジタルイラストに挑戦中の方など・・・。
それぞれの方の生活の中で、絵を描く楽しさを感じる時間を過ごしていただけたら嬉しいなと思います。
大人クラスの土曜日の募集再開については、現在検討中です。また3月初旬頃に当ホームページでおしらせいたします。

それでは、2月も皆さまの笑顔に会えるのを楽しみにしています。

福井県越前市絵画教室
ソライロ絵画教室
澤田有季

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です